Show-g's MUSIC "Recent" NEWS

Title : スポンサーサイト
Date : 2012.05.22 Tuesday / Category : -

一定期間更新がないため広告を表示しています



| - | - |


音楽ライターを目指す人のためのブログ OnRAI

音楽ライター募集!
WEB会議 ロゴマーク
加圧トレーニングは大阪の大野DOJYO ポールダンス  
Show-g's MUSIC "Recent" NEWS

Title : フー・ファイターズ話題の最新作でバンド初の全米、全英No.1制覇に向かって!
Date : 2011.04.26 Tuesday / Category : FUNx3 MUSIC NEWS!

 

 全世界アルバム総セールス2000万枚、グラミー賞6冠、3度に渡る“最優秀ロック作品賞”を持つ
スーパーバンド、フー・ファイターズ。先週全世界で発売された彼らの最新アルバム『ウェイスティング・ライト』(国内盤4月20日発売)は、リーダーであるデイヴ・グロールの自宅ガレージで、完全アナログ・レコーディングにより制作された「バンド史上最もハードな作品」という触れ込みもあり、そのセールス動向に注目されていたが、今週発表された全英アルバムチャートでは見事1位となり、4月21日に正式発表される全米アルバムチャートでもバンド初の1位が確実視される等、全世界でバンド史上最大の大ヒットとなっている。また、ここ日本でも先週入荷された輸入盤がオリコン洋楽輸入盤週間ランキングで1位を獲得した他、4/18付のタワーレコード全店総合チャートでは輸入盤にもかかわらず強豪作品を抑えて1位となる等、好セールスを記録していることから本日4月20日に発売された国内盤への注目が更に高まっている。

<リリース情報>
フー・ファイターズ
「ウェイスティング・ライト」
4月20日発売
SICP-3072税込価格¥2,520
*国内盤ボーナストラック収録
*初回盤特典:実際にレコーディングに使用されたオリジナル・マスターテープ付きフォトカード封入
 【リンクURL】
http://www.foofighters.com/jp/
www.sonymusic.co.jp/foofighters/
 【バイオ】
 フー・ファイターズの歴史、それはデイヴ・グロールという男の、生き様そのものである。
 
 1990年、それまで所属していたパンク・バンド=スクリームが ツアー途上で解散してしまい、お金も行き場も無くしたデイヴ・グロールは、当時のバンド仲間の紹介により、ニルヴァーナへの加入を決意。単身シアトルに向かう。オーディションの結果「理想のドラマー」を手に入れたニルヴァーナは、バンドとして大きな躍進を遂げる。1991年9月、ニルヴァーナは、ブッチ・ヴィグによるプロデュースのもとメジャー第1作『ネヴァーマインド』をリリース。同作品は大きな商業的成功を収めただけでなく、グランジ/オルタナティヴ・ムーヴメントの象徴として、まさにロック・シーンに革命を引き起こした。
 93年9月、ニルヴァーナのラスト・アルバムとなった『イン・ユーテロ』がリリースされる。シングル「ハートシェイプト・ボックス」には、カップリング曲として、デイヴが作詞・作曲・歌・演奏を1人で行なった「マリゴールド」が収録されていた。 そして94年4月にカート・コバーンが自殺、ニルヴァーナは解散を余儀なくされる。デイヴは人生をどうすべきか考えもまとまらぬままに、ほぼ全てを独力で演奏したアルバムを録音、これがそのままフー・ファイターズのデビュー・アルバムとなる。元サニー・デイ・リアル・エステイトのリズム隊であるネイト・メンデルとウィリアム・ゴールドスミス、そして元ジャームスで後期のニルヴァーナにも参加していたギタリストのパット・スメアがフー・ファイターズのメンバーとなり、95年6月、ファースト・アルバムが発売される。この作品は全米チャート23位、全英3位を記録した。97年5月、セカンド・アルバム『ザ・カラー・アンド・ザ・シェイプ』をリリース。ピクシーズを手がけたギル・ノートンをプロデューサーに起用した本作は、全米10位/全英3位にランクインした。リリース前にウィルが脱退し、後任のドラマーには、元アラニス・モリセット・バンドのテイラー・ホーキンスが加入。 同年に行なわれた第1回フジロック・フェスティバルにも出場を果たす。
 その後パット・スメアが脱退し、フランツ・スタール(元スクリーム/ウール)が参加。99年11月、フランツを解雇し、デイヴ、ネイト、テイラーの3人で完成させたサード・アルバム『ゼア・イズ・ナッシング・レフト・トゥ・ルーズ』を発表。同アルバムは、2000年のグラミー賞で最優秀ロック・アルバムを受賞。新たなギタリストには、ミー・ファースト&ザ・ギミギミズなどで活躍していたクリス・シフレットが加入した。2002年、デイヴは、クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジにドラマーとして参加し、同年のフジロック・フェスにも同バンドのメンバーとして来日。この間、一度は完成させた当初の音源を破棄してしまうものの、ほんの数日間でレコーディングし直した4thアルバム『ワン・バイ・ワン』を2002年10月に発表。全米3位/全英1位を獲得した同作品は、2作連続でグラミー賞の最優秀ロック・アルバムに輝いた。またシングル「オール・マイ・ライフ」では最優秀ハード・ロック・パフォーマンスも受賞する。ロック・ディスクとアコースティック・ディスクの2枚組となった5thアルバム『イン・ユア・オナー』を2005年6月に発売。同作品はビルボード初登場2位を記録し、グラミー賞にも5部門でノミネートされた。日本ではこの年にフジロック・フェスティバルのヘッドライナーも努めている。   翌2006年の夏には、ロンドンのハイド・パークにて、ザ・ストロークスやジュリエット・ルイス&ザ・リックス、クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジ、モーターヘッドを参加させたヘッドライナー・ショウを行ない、クイーンのブライアン・メイとロジャー・テイラーもゲストで登場。この時のライヴはDVD『ライヴ・イン・ハイドパーク』としてリリースされる。さらに同年暮れの来日では、初の武道館公演を実現するとともに、本国でも行なっていた8人編成でのアコースティック・ショウも敢行。アコースティック・セットでのライヴの模様は、初のライヴ・アルバム『スキン&ボーンズ』としてリリースされた。ちなみに、この編成では、ボブ・ディランのツアー・サポートも務めている。
 2007年9月、再びギル・ノートンをプロデューサーに迎え、6thアルバム『エコーズ、サイレンス、ペイシェンス&グレース』を発売。全米3位、全英1位を獲得。グラミー賞5部門にノミネートされ、みたび最優秀ロック・アルバムを受賞、シングル「プリテンダー」でも最優秀ハード・ロック・パフォーマンスを獲得した。この時のツアーは、前回の8人編成を引き継ぎ、ロックとアコースティックの両方の要素をひとつのステージに盛り込んだ統合的な内容となる。そして2008年4月には彼らの来日コンサートとしては最大規模となる幕張メッセ公演で1万人の観客を魅了。続く6月には、ウェンブリー・スタジアム2日間、16万枚のチケットをわずか一晩でソールドアウトした歴史的なコンサートが行なわれた。元レッド・ツェッペリンのジミー・ペイジとジョン・ポール・ジョーンズもゲスト出演したこの時のショウは、DVD『ライヴ・アット・ウェンブリー・スタジアム』で観ることができる。このライヴを終え、バンド・キャリアにおける1つの節目を自覚したデイヴ・グロールは、同年暮れにフー・ファイターズとしてはしばらくオフをとることを宣言、しかしこの間にもメンバーは休むことなく各自のソロ活動に邁進した。特にデイヴは、6thアルバムに「バンド・オン・ザ・ラン」を収録するなどの流れからポール・マッカートニーとも交流を深め、08年、ポールのライヴ公演に飛び入り参加した他、’10年にオバマ大統領を前に行われたポール・マッカートニーへのガーシュイン賞授与式典では、ポールと共に「バンド・オン・ザ・ラン」を共演するなど活発な単独活動を行った。更デイヴは、クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジの盟友ジョシュ・オムと、先述のジョン・ポール・ジョーンズとともに新バンド=ゼム・クルックト・ヴァルチャーズを結成。2009年11月にセルフ・タイトルを冠したデビュー・アルバムをリリースし、翌年にはフジロックに出演するため来日も果たした。同時に、フー・ファイターズ初のベスト盤『グレイテスト・ヒッツ』もリリース。ここに収録された新曲「ホイールズ」と「ワード・フォワード」は、『ネヴァーマインド』以来のタッグとなるブッチ・ヴィグによってプロデュースされている。2011年4月には、引き続きヴィグのプロデュースにより、デイヴの自宅にて、完全なるアナログ録音で作成したという、待望の7thアルバムをリリースする。


| comments(0) | - |


音楽ライターを目指す人のためのブログ OnRAI

音楽ライター募集!
WEB会議 ロゴマーク
加圧トレーニングは大阪の大野DOJYO ポールダンス  
Show-g's MUSIC "Recent" NEWS

Title : スポンサーサイト
Date : 2012.05.22 Tuesday / Category : -



| - | - |


音楽ライターを目指す人のためのブログ OnRAI

音楽ライター募集!
WEB会議 ロゴマーク
加圧トレーニングは大阪の大野DOJYO ポールダンス  
Show-g's MUSIC "Recent" NEWS
コメント
コメントする









Show-g's MUSIC "Recent" NEWS

Show-g's MUSIC "Recent" NEWS
このコンテンツを見るためにはFLASHPLAYERをインストールする必要があります。
インストールはこちらから
湘南美容外科クリニック TLC fredkimmel SaliOguriSpitFunk BROTHERHOOD
search this site.
Show-g's FUNx3 RADIO!
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>
Show-g's FUNx3 RADIO!
selected entries
categories
archives
recent comment
  • デビュー曲「ワッチャ・セイ」が全米No.1に輝いたジェイソン・デルーロに要注目!
    すーさん (12/31)
  • We Love TLC [BMG JAPAN RELEASE INFOMATION]
    あいちゃん (03/02)
  • エリック・ベネイ、9月24日にニュー・アルバムをリリース!これぞクラシックR&B!
    AK (08/24)
Show-g's FUNx3 RADIO!
Show-g's FUNx3 RADIO!
others
mobile
qrcode
sponsored links
Show-g's FUNx3 RADIO!
TOP / NEWS / DIARY / PROFILE / REQUEST / PRIVACY POLICY / COMPANY INFO (C)FUNX3 SHOW-G’S MUSIC NEWS AND SWITCH ENTERTAINMENT.